しっぽを振るまかにゃん
Now Loading
カテゴリー:最新情報, 結婚式

夜の結婚式 服装 父親

夜の結婚式 服装 父親

バージンロードで花嫁をエスコートしたり、披露宴の最後に謝辞をスピーチしたりと、結婚式において父親も主役のおひとりです。スマートにかっこ良くきめたいですね。結婚式での父親の服装といえば「モーニングコート」が定番です。モーニング(morning)という名前の通り、朝から昼間にかけての正礼装です。
実際に日本で結婚式に参列される父親のほとんどが「モーニングコート」を着用しています。最もベーシックでフォーマルな装いなので、これを選んでおけば安心です。
和装でお考えなら五つ紋付き紋付袴が正礼装(第一礼装)となります。洋装の場合、夜の結婚式であれば正礼装は「燕尾服(テールコート)」です。最近は、着用機会の減った燕尾服から、「タキシード」が夜の結婚式での正礼装とされることもありますが本来は準礼装です。

格式を両家で揃える

父親の服装については、その格式を両家であわせる事が重要です。どちらかがモーニングコート(正礼装)で、もう一方がブラックスーツ(準礼装)など、異なる格式となるのは避けます。一方がモーニングコート、一方が紋付袴である場合はどちらも正礼装なので格は揃っています。

夜・夕方以降の結婚式でモーニングコートはあり

フォーマルのルールにおいて、「モーニングコート」は昼の正礼装です。結婚式が18時(冬は17時)までなら、昼の正礼装である「モーニングコート」を着用し、18時以降からの結婚式であれば、夜の正礼装である「燕尾服」を着用するのが本来のルールです。
日本での実情は、夜の結婚式だとしても燕尾服を選ぶ父親は非常にめずらしいです。
ナイトウェディングであっても、「モーニングコート」を選ぶ父親が圧倒的に多いですね。

まとめ

今回の「夜の結婚式 服装 父親」は参考になりましたでしょうか。まからんやでは今回ご紹介したものよりお客様にご利用頂きやすいように努めてまいります。価格やサービス内容は是非ホームページでご確認ください。

モーニングページ