モーニングとタキシード、燕尾服。意外と知らないフォーマルルール

Pocket

みんなさんこんにちは。
大阪府枚方市の貸衣装まからんやの公式サイトで、今回ご紹介するのはこちらです。

慶事や弔事など、男性がフォーマルな場で着用することになるのがモーニングやタキシード、燕尾服です。社会人ともなると、フォーマルな場に行く機会も増えます。
そのフォーマルの場に合わせ、しっかり正礼服を着用できていますか。恥をかかないためにも、しっかり正礼服の着用ルールを押さえておきましょう。

モーニングのコーディネート

モーニングは、昼間のフォーマルな場で着用します。結婚式や葬儀の場だけでなく、格式高い式典や教職員が入学式や卒業式に着る際にも選ばれている正礼服です。

g_08_01

ジャケット

色は黒で、ボタンの合わせ方が異なります。モーニングには外側と内側の両方にボタンが付いており、慶事は、内側のボタンで留める「拝み合わせ」で留めましょう。弔事は、通常通り外側のボタンで留めます。

ベスト

慶事と弔事ともに黒の襟付きを選ぶのがベストですが、慶事にはグレーやアイボリーを選ぶのも良いでしょう。また、取り外し可能な白衿を付けるのもOKです。

ネクタイ

慶事では縞の結び下げやアスコットタイ、弔事では黒無地のタイが基本です。

スラックス

裾は、後ろが長めのモーニングカット。ベルトではなく、白黒縞のサスペンダーが基本です。

タキシードのコーディネート

用途は結婚式や披露宴だけでなく、晩餐会や気軽なパーティにも選ばれている正礼服です。

g_08_02

ジャケット

色は黒でショールカラーやピークドラペル、ノッチドラペルなどがあり、襟には拝絹(光沢のある布地を張ったもの)が付いています。

シャツ

白無地を選びましょう。一般的にウィングカラーが選ばれていますが、米国ではレギュラーカラーを選ぶ方も多いです。

ネクタイ

黒の蝶ネクタイを選びましょう。最近は色柄の蝶ネクタイも扱われているようですが、やはり、正統なフォーマルな場では黒が基本です。

スラックス

タキシードの場合、側章は1本です。基本的にベルトはつけません。

燕尾服のコーディネート

夜の正礼服です。別名「イブニングコート」とも呼ばれます。演奏家や指揮者も着用しています。「ホワイトタイ」の指定がある場合は、必ず燕尾服を選びましょう。

ジャケット

色は黒で、燕の尾のように長く垂れ下がっているのが特徴的です。

シャツ

白無地でウィングカラーのイカ胸シャツを選びましょう。

ネクタイ

白ピケ織りの蝶ネクタイを選びましょう。

ベスト

ネクタイに合わせ、白ピケ織の生地を選びましょう。シングルかダブル、どちらでもOKです。

スラックス

燕尾服の場合、側章は2本です。ベルトはつけません。

モーニングレンタルやタキシードレンタル、燕尾服レンタル店をお探しなら、大阪・枚方のまからんやをご利用ください。
そのほか、着物レンタルや袴レンタル、留袖レンタル、成人式レンタルなど幅広く承っております。皆様からのレンタルのご利用を、心よりお待ちしております。

大阪・枚方の貸衣裳店【まからんや】のサイト概要

サイト名:株式会社ブライダルサロンまからんや

業種:大阪・枚方の貸衣装、成人式の振袖、卒業式の袴、着物やドレスのレンタル

電話番号:072-841-8743

最寄り駅:京阪枚方市駅より徒歩4分

住所:〒573-0028 大阪府 枚方市川原町4-6