しっぽを振るまかにゃん
Now Loading
カテゴリー:最新情報, 結婚式

結婚式 黒留袖にバッグはあった方が良いの

結婚式 黒留袖にバッグはあった方が良いの

黒留袖、結婚式では新郎新婦の母親、親族の既婚の女性が着用します。格式は着物の中で最も高く、着る機会も多くはありません。そんな黒留袖ですが、バッグはあった方が良いのでしょうか。「あまりたくさん入らなさそうだし、なくても大丈夫では」、「マナー上、必要でなければなくても」などのお声を耳にします。今回はこのバッグについて解説していきます。

黒留袖にバッグは必要か

結論から言うと必要です。人前に立つときに持つことも、写真撮影の時も持つことはありません。ですが、スマホやハンカチ、お化粧直し、お心づけなど最低限は必要です。特にトイレや涙のシーンでハンカチは使いますし、お心づけはタイミング良く出せないと困ってしまいます。

どんなバッグを選べば良いか

比較的小ぶりなサイズが多いです。持ち手のついたハンドバッグタイプや、持ち手の無いクラッチバッグタイプが一般的で、たくさん荷物が入るからといって、大きなバック、ショルダーバッグなど、普段使いのバッグは持ちません。
黒留袖は女性の第一礼装なので、合わせるバッグもそれ相応の品格がなければなりません。礼装用のバッグで、金色か銀色または白色が基調のものがふさわしいとされています。素材は、豪華な織物、上質な布地や光沢が美しいエナメルなどでも大丈夫です。なお、皮革製のものは殺生をイメージさせるのでよくありません。
お店で聞けば礼装用のものを提案してくれると思います。コーディネートの統一感という意味では、バッグ単体ではなく草履とセットになったものおすすめします。また、黒留袖の柄や帯に使われている金色や銀色と同じトーンの草履&バッグを合わせると全体のバランスが良くなり、コーディネートがより一層美しくまとまります。「礼装用の草履&バッグセット」「色は金・銀もしくしは白」で「着物と帯に合うもの」と覚えておけば間違いはありません。

まとめ

今回の「結婚式 黒留袖にバッグはあった方が良いの」は参考になりましたでしょうか。
まからんやでは礼装用草履バッグセットのレンタルもございます。草履バッグセットのみのレンタルはありません。

留袖 モーニングページ