しっぽを振るまかにゃん
Now Loading
カテゴリー:最新情報, 成人式, 卒業, お宮参り, 結婚式, 一般着物

着物を着ている人の褒める時

着物を着ている人の褒める時

誰でも褒められるとうれしいものです。それが普段は着ない着物を着てるときならなおさらです。
思ったまま褒めればいいのですが、褒める時に気を付けることはあるのでしょうか。今回は、おすすめの褒め方から気を付けた方が良い言い方までご紹介いたします。

おすすめの褒め方

着物姿の褒め方ですが、「素敵ですね」が定番だと思います。あと「似合いますね」もうれしいです。他には「上品ですね」もおすすめです。思った誉め言葉がすんなり出てくれば、それは相手にもそのまま伝わるはずです。それでも心配な方は「お着物とってもお似合いですね」と伝えてください。着物もコーディネイトも相手全体に対する事なので気分が良いと思います。

気を付けたい褒め方

褒める時に気を付けたいのは「粋ですね」や「艶やかですね」という表現です。どこか夜の商売を思わせるらしくあまり良い着物の褒め方ではないとされています。また、着物は寸胴型の方が似合うと言われているのでスタイルを褒めるのも避けた方がよいようです。他にも、「高そうですね」と値段の事をいうのもおすすめしません。

粋に着たい人もいます

「粋に着たいです」、「粋な着物はありますか」、貸衣装店にこのように着物を探しに来るお客様もいらっしゃいます。このような方の着物姿を褒める時でも「粋ですね」と褒めてはだめなのでしょうか。この場合は、「粋な着物ですね」と着物を褒めてから「お似合いです」と2段階に分けてはいかがでしょうか。せっかく着物を着るなら粋におしゃれにと選ばれた着物ですからとても喜ばれると思います。

まとめ

今回の「着物を着ている人の褒める時」は参考になりましたでしょうか。
まからんやではいろいろな色柄、デザインの着物を取り揃えています。価格やサービス内容は是非ホームページでご確認ください。


トップページ