昔の喪服は黒色じゃない!?喪服の歴史とは?

Pocket

昔の喪服は白色だった!?

みんなさんこんにちは。
大阪府枚方市の貸衣装まからんやの公式サイトで、今回ご紹介するのはこちらです。

今でこそ喪服は黒色を着るのがならわしですが、昔は白色の喪服が主流であったことをご存知でしょうか。実際に「日本書紀」や「随書(倭国伝)」に、親族も参列者も、葬儀の際に白い喪服を着用していたという記述が残されているのです。

g_09_01

約千年以上もの間、白い喪服が着用されていました。明治時代以前に、一度だけ黒色に変わった時期があります。奈良時代に養老喪葬令が出されて黒色に変わりましたが、それは宮中や貴族の間だけでした。

布地を黒く染めるには染め代がかかるため、庶民に広く浸透しなかったのです。室町時代に入ると貴族の力が弱まり、再び白い喪服が着られるようになりました。

黒色に変わったきっかけとは?

その後長く白い喪服が着られていたのですが、明治時代に本格的に黒の喪服が着られるようになります。どうして黒色へと変わったのか、これには2つの説が存在します。

欧米諸国に合わせた!?

明治30年頃に明治天皇の嫡母・英照皇太后の葬儀が行われました。その際、諸外国の国賓の方々は、揃ってヨーロッパ王室式の黒い喪服を着用していました。それに倣い日本でも、黒い喪服を取り入れ始めました。

日清・日露戦争の影響によるもの!?

明治時代は、日清・日露戦争が激化した時期でもあります。それとともに犠牲者の数も増えていき、同時に葬儀も頻繁に行われていました。何度も喪服を着ると汚れてしまうものです。白色だとより汚れが目立ってしまいますので、そのために黒色にしたのではないか?といわれています。

g_09_02

喪服をレンタルしたいとお探しなら、是非枚方のまからんやをご利用ください。
着物も洋服も数多く取り扱っております。

お宮参りや七五三、卒業式、成人式などに着物をレンタルしたい際は、お任せください。着物や喪服だけでなく、袴や振袖、パーティードレスなど豊富に衣裳を取り揃えております。フォトスタジオでの写真の撮影も可能です。
ご予約はサロンルームで承っておりますので、お気軽に問い合わせください。

大阪・枚方の貸衣裳店【まからんや】のサイト概要

サイト名:株式会社ブライダルサロンまからんや

業種:大阪・枚方の貸衣装、成人式の振袖、卒業式の袴、着物やドレスのレンタル

電話番号:072-841-8743

最寄り駅:京阪枚方市駅より徒歩4分

住所:〒573-0028 大阪府 枚方市川原町4-6