着崩れへの対処法

Pocket

みんなさんこんにちは。
大阪府枚方市の貸衣装まからんやの公式サイトで、今回ご紹介するのはこちらです。

着物レンタルでお気に入りの一着を身にまとっても、普段から着用に慣れていないと「立つ」「座る」「歩く」といった普段と同じ動作がぎこちなくなってしまいます。

やがて時間が経つとともに、袂(たもと)が乱れてしまったり、裾(すそ)を引きずってしまったりと、着崩れを起こしやすくなるでしょう。せっかくの素敵な姿を不安なく楽しむためにも、この機会に正しい所作を覚えておきませんか?

fs_001227_5_01

階段の上り下り

着物の裾が階段と触れないよう、右手で軽く竪褄(たてづま)を持ち上げます。
この時、やや斜めの体勢で上ると足の運びも楽になるでしょう。

階段を上る際は足首が露出しやすくなりますので、上がった足が地につくと同時に残った足を上げるようなイメージで一段一段お進みください。

車の乗り降り

いきなり足から入るのは着崩れのもとですので、お尻から入るように横向きに腰をおろしましょう。
このとき、袴の裾をスカートのように持ち上げながら行うと、立ち居振る舞いも美しく見えて裾が乱れる心配もありません。

お尻をクルッと回転させた後、頭・両足の順に正面を向きます。

降りる時は、乗る時(腰→頭→足)と逆の手順で身体よりも足が先になります。

シートに背中をあずけてしまうと、帯の結びやお太鼓の形が崩れてしまいますので、浅く腰掛けるように意識してください。

手を挙げる

タクシーを止める時や電車のつり革につかまる時、手を挙げると袖口が下がり、腕がむき出し状態になります。
片方の手で袖口を押さえるようにすると、ぐっと上品な所作に見えます。

お手洗い

和式と洋式なら、迷わず洋式をお選びください。

そのまま座ると着崩れや汚れの原因にもなりますので、まずは、袂の中間あたりをつまんで、帯か帯締めの上側に挟み込んで留めましょう。

次に、上前・下前・長襦袢・裾よけの順に持ち上げ、しっかりと手で一つにまとめておきます。
トイレを出る前には、おはしょりがめくれていないか?帯が崩れていないか?など、鏡の前でのチェックも忘れないことです。

これらの所作に意識を向けて、素敵な和服美人を目指しましょう。

大阪府での着物レンタルなら、枚方市に所在するまからんやをご利用ください。まからんやの衣装レンタルサービスでは、振袖レンタル・袴レンタル・留袖レンタルの着物レンタルだけでなく、ウェディングドレスやパーティードレス等のドレスレンタルプランも豊富にご用意しています。
3000点以上にも及ぶラインナップの中からお気に入りをお探し頂き、華やかに着飾ってお祝いの席へ出席しませんか?